結婚式のオープニングムービーを作成することに決められた新郎新婦の多くが、オープニングムービーの中で利用する挨拶のコメント選びに頭を悩ませておられます。オープニングムービーの中で利用する挨拶選びは、ゲストの方に与える印象に大きく左右してきます。また新郎新婦のお二人がどのようなオープニングムービーを目指したいのかによっても利用するべき挨拶の言葉やその文章は変化してきます。全体的にフランクで親しみやすい印象の挨拶やコメントとしていくのか、落ち着いた印象のシックな挨拶表現でまとめていくのかは好みで分かれる点でもあります。この記事ではオープニングムービーの挨拶について具体的なアイデアや例文をご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

[hukidashi_left content=“オープニングムービーの中でどんな挨拶をすればいいのか、分からないんです…”]

[hukidashi_right content=“新婚の皆さんにとって結婚式は一生に一度の大切なイベントですね。その中でも「オープニングムービー」の挨拶は、二人の想いを伝えるとっても重要な場面。ぜひこの記事を参考に、心を込めた挨拶を作ってみてくださいね。”]

はじめに

新郎新婦の登場を華やかに演出する「オープニングムービー」の挨拶はどのように作成すればよいでしょうか?失礼の無いことを優先するのか?楽しさや面白さを優先してカジュアルなスタイルにするのか?いろいろな選択肢がありますよ。

[hukidashi_right content=“オープニングムービーの挨拶は新郎新婦の思いを伝える大切な要素です”]

「オープニングムービー」の重要性とその役割

オープニングムービーは、新郎新婦が登場する前にゲストに流す映像です。この映像には新郎新婦のメッセージや挨拶を入れることで、ゲストに対する感謝の気持ちや二人の将来への抱負を伝えることができます。

おすすめの結婚式オープニングムービー

テンプレートなら初心者でも簡単にオープニングムービーを作れます。

[soy_list_iframe id=”2252″]

[hukidashi_right content=“写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです”]

オープニングムービーで使える挨拶のサンプル

結婚式のオープニングムービーは結婚披露宴の冒頭シーンで新郎新婦の入場前に上映されるケースがほとんどです。結婚式の開始に先立って上映されるものなので、結婚式に参列してくださったゲストへの感謝の言葉やこれから結婚式が開始されて新郎新婦が入場することをアナウンスする様々な挨拶の文章が表示されます。実際にオープニングムービーを作っていくとこれらの挨拶のコメント選びでとても頭を悩ませます。でも心配はいりません。最初はなかなか決まらない新郎新婦様がほとんどなので、以下のサンプルも参考にしながら挨拶の内容やコメントを考えていきましょう。

オープニングムービーの冒頭に使える挨拶

オープニングムービーの冒頭シーンでは結婚式に参列してくださったゲストへの感謝の言葉の数々を挨拶の言葉として表示するケースが多いです。挨拶の言葉の表現方法は様々ですが、出席と参列への感謝や今までのご支援に対する感謝などをコメント形式で表現していきます。

冒頭シーンの挨拶コメント

  • 本日はお忙しい中ご出席くださり誠にありがとうございます
  • 今日という日を迎えられたこと 一重に皆様のおかげです
  • 今日は是非一緒に 楽しみましょう
  • 多大なるご支援のおかげで 今日の良き日を迎えることが出来ました

    オープニングムービーの写真紹介や中盤で使える挨拶

    オープニングムービーの中盤・本編部分は新郎新婦の紹介やゲストの紹介を行うスライドショーをメインとして構成されていきます。ゲストへの感謝や両親への感謝なども入れつつ挨拶を混ぜて表示していく事が出来ます。

    写真を紹介しながら使いやすい挨拶

    • 本日は私たちの結婚式にご出席いただき 誠にありがとうございます
    • 短い時間ではありますが今日はどうぞお楽しみください
    • 今日の結婚式を迎えるまでにたくさんの準備をしてきました
    • 新郎新婦は今入場の準備中です
    • とても緊張していますが今日はどうぞ宜しくお願い致します
    • 本日はお集まりいただき ありがとうございます

    オープニングムービーの締めに使いやすい挨拶のコメント

    オープニングムービーの上映が終了した直後に新郎新婦の入場となるというパターンがもっとも多いです。その為オープニングムービーの締めの部分ではこれから結婚式が開始されることをアナウンスする挨拶や、カウントダウンのような挨拶文が利用されることが多くなっています。
    • 新郎新婦がまもなく入場します
    • 新郎新婦の入場まであと〇秒です
    • 今日は一緒に楽しみましょう
    • 今日は是非ごゆっくりお寛ぎください
    • とても緊張していますが今日は宜しくお願い致します

    挨拶の基本:適切な言葉遣いと尊敬語の使い方

    結婚式での挨拶には、適切な言葉遣いと尊敬語の使い方が必要です。その理由は、ゲストに対する敬意を示すと同時に、新郎新婦自身の思いを的確に伝えるためです。ここでは挨拶の基本ルールと尊敬語の効果的な使い方について説明します。

    結婚式での挨拶の基本ルール

    結婚式での挨拶は、新郎新婦が自分たちの思いや感謝の気持ちを直接ゲストに伝える大切な機会です。言葉遣いは丁寧に、そして心のこもった言葉を選ぶことが重要です。また、挨拶はあまり長すぎず、短すぎない適切な長さが求められます。感謝の気持ちをしっかり伝えつつも、ゲストが退屈しないようにするためです。

    尊敬語の効果的な使い方

    結婚式の場では、尊敬語を用いることで、ゲストへの敬意を示すことができます。しかし、使い慣れないと少々難しいかもしれません。尊敬語は相手を立て、敬う意味合いが強い言葉なので、結婚式の挨拶には最適です。具体的には、「お越しいただき」や「ご覧いただく」など、ゲストに対する行為を述べる際に尊敬語を用いると良いでしょう。

    普段使う話し言葉の例 日本語の尊敬語を使った丁寧な言い方の例
    皆さん、いつも応援してくれてありがとう!今日は本当に嬉しいです。 皆さま、いつも温かいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。本日はお集まりいただき、誠にありがとうございます。
    この場を借りて、改めてお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございます。 このような特別な機会に、改めてお礼を申し上げたく存じます。皆さまには心から感謝しております。
    私たちの人生のパートナーとして、共に歩んでくれることに感謝しています。 ご一緒に人生のパートナーとして歩んでいただけることに、心から感謝しております。
    お互いを支え合い、幸せを分かち合っていきたいと思っています。 お互いを支え合い、心豊かな日々を共有し、幸せを分かち合って参りたいと存じます。
    これからも笑顔と愛で溢れる家庭を築いていきたいと思います。 これからも笑顔と愛に満ちた家庭を築いてまいりたいと、心より願っております。
    皆さんにはこれからも応援していただけると嬉しいです。 皆さまには、今後も引き続きご支援いただけますと幸いです。
    最後に、心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。 最後に、心からの感謝の意をお伝え申し上げたく存じます。

    [hukidashi_right content=“尊敬語を使うことで、新郎新婦からゲストへの敬意が伝わりますよ。”]

    ゲストへの「歓迎の挨拶」の作り方

    結婚式の開始時には、ゲストへの歓迎の挨拶が欠かせません。歓迎の挨拶はゲストを心から結婚式に招き入れ、感謝の気持ちを伝える重要な要素です。ここでは、歓迎の挨拶のポイントと具体的な作り方について解説します。

    歓迎の挨拶のポイントと例文

    歓迎の挨拶のポイントは、ゲストが感じてくれることを第一に考え、そしてその感謝の気持ちを適切に伝えることです。具体的な例文としては、「この日を迎えられたのも、皆様のご支援とご愛情のおかげです。心から感謝申し上げます」といった表現があります。

    普段使う話し言葉の例 日本語の尊敬語を使った丁寧な言い方の例
    皆さん、お越しいただきありがとうございます!本日はお二人の特別な日にお集まりいただき、心より感謝しています。 皆さま、ご出席いただき、心より感謝申し上げます。お二人の特別な日にお集まりいただき、厚くお礼申し上げます。
    お越しいただいた皆さんに、心からの歓迎をお伝えしたいと思います! ご出席いただきました皆さまに、心からの歓迎の意をお伝え申し上げたく存じます。
    今日は特別な日にお越しいただき、本当にありがとうございます。 本日は特別な日にご出席いただき、誠にありがとうございます。
    皆さんの笑顔が会場を華やかにしてくれています。 皆さまのお顔が、会場を一層華やかに彩ってくださっています。
    お二人にとって、素敵な思い出となるようなひとときを共有できることを願っています。 お二人にとって、素晴らしい思い出となるひとときを共有できますように、心より願っております。
    皆さんと一緒にお祝いできることを、とても嬉しく思っています。 皆さまと共にお祝いできることを、大変嬉しく存じております。
    ご参列いただいた皆さまに、心からの感謝をお伝えしたいと思います。 ご参列いただきました皆さまに、心からの感謝の意をお伝え申し上げたく存じます。

    ゲストが喜ぶ歓迎の挨拶の作り方

    ゲストが喜ぶ歓迎の挨拶を作るためには、ゲスト一人一人を考慮に入れた言葉を選ぶことが大切です。その際、特に親しいゲストや、遠方から来てくれたゲストに対しては、その感謝の気持ちを具体的に述べると良いでしょう。また、ゲスト全員に対する感謝の言葉を忘れずに加えることも重要です。

    [hukidashi_right content=“ゲストが喜ぶ挨拶は、一人一人を思いやった言葉遣いから生まれますよ。”]

    感謝の気持ちを伝える「ゲストへの感謝の挨拶」

    結婚式では、ゲストへの感謝の挨拶が必要不可欠です。これは新郎新婦がゲストに向けて、結婚式への出席や、これまでの支えに対する感謝の気持ちを伝えるためのものです。

    感謝の挨拶のポイントと例文

    感謝の挨拶のポイントは、具体的なエピソードを交えながら、ゲストへの深い感謝の気持ちを伝えることです。例えば、「皆様の支えがあったからこそ、今日この日を迎えることができました。特に(具体的な人名)さんには、(具体的なエピソード)で支えていただき、本当に感謝しています」といった具体的な感謝の言葉が効果的です。

    1. 皆さまのおかげで、素晴らしい結婚披露宴を迎えることができました。心から感謝しています。
    2. ご多忙の中、お時間を割いて当日お越しいただき、本当にありがとうございます。温かいご支援に心から感謝しています。
    3. 皆さまの笑顔とお祝いの言葉に包まれて、幸せなひとときを過ごせました。感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
    4. たくさんの喜びを分かち合えることに感謝しています。皆さまの温かなお心遣いに心から感謝申し上げます。
    5. 披露宴にお越しいただき、本当にありがとうございます。お二人の新たな始まりを共に祝福できることを光栄に思っています。
    6. ご出席いただきました皆さまに、心からの感謝の意をお伝え申し上げます。お二人の大切な日に立ち会えたことを光栄に思います。
    7. 皆さまの温かいご祝福に支えられ、心から幸せな時間を過ごせました。心より感謝しています。
    8. お二人の結婚披露宴にお越しいただき、本当にありがとうございます。皆さまのご愛顧に感謝し、これからも幸せを分かち合っていきたいと思っています。
    9. ご出席いただいた皆さまに、心からの感謝をお伝えしたいと存じます。お二人の新たな一歩を、皆さまと共に歩むことができて嬉しいです。
    10. 皆さまの温かなご支援に心から感謝しています。お二人の人生にとって、貴重な瞬間を共有できたことを幸せに思っています。

    心からの感謝を伝えるための表現方法

    感謝の気持ちを心から伝えるための表現方法としては、直接的な感謝の言葉を述べるだけでなく、日常生活でのゲストからの支えや、特別な思い出を共有することも効果的です。具体的なエピソードを交えることで、感謝の気持ちがより具体的に伝わります。

    [hukidashi_right content=“心からの感謝を伝えるには、具体的なエピソードの共有が有効ですよ。”]

    新郎新婦の抱負や目標を語る「未来への挨拶」

    結婚式の挨拶では、新郎新婦の抱負や目標を語ることも大切です。これはゲストに対して、二人のこれからの人生への期待感や夢を伝え、一緒に喜びを分かち合うためのものです。

    未来への抱負を込めた挨拶のポイントと例文

    未来への挨拶のポイントは、自分たちの夢や目標を具体的に伝え、それを共有することです。具体的な例文としては、「私たちはこれからも手を取り合って、幸せな家庭を築いていきたいと思っています。皆様の温かい応援が私たちの力になります。これからもよろしくお願いいたします」というような言葉が考えられます。

    1. 私たちの抱負は、お互いを支え合いながら幸せな家庭を築くことです。皆さまの温かいご支援とともに、笑顔あふれる未来を目指していきます。
    2. 私たちの目標は、お互いを尊重し、夢を追い求めることです。皆さまの応援と励ましを受けながら、成長し続ける夫婦でありたいと思っています。
    3. 私たちの願いは、家族としての絆を大切にしながら、心豊かな日々を過ごすことです。皆さまの愛と温かさに包まれながら、幸せな未来を築いていきます。
    4. 私たちの夢は、共に挑戦し成長し続けることです。皆さまとの出会いが私たちの力になり、お互いを高め合って素晴らしい未来を創り上げていきます。
    5. 私たちの希望は、笑顔あふれる家庭を築くことです。皆さまの支えと励ましを受けながら、愛情と幸せが溢れる日々を過ごしていきたいと思っています。
    6. 私たちの目指す未来は、お互いを助け合い、信頼し合うことです。皆さまとの絆を大切にしながら、幸せな家庭を築いていく決意です。
    7. 私たちの願いは、お互いを尊敬し、支え合いながら成長していくことです。皆さまと共に歩む未来には、幸せと喜びが満ちていることでしょう。
    8. 私たちの抱く希望は、家族としての絆を大切にし、明るい未来を迎えることです。皆さまの温かいご支援に感謝し、お二人で力を合わせて幸せを追求していきます。
    9. 私たちの目標は、お互いの成長を支え合いながら、共に進むことです。皆さまの温かいお心遣いに励まされながら、未来へのステップを踏み出していきます。
    10. 私たちの願いは、愛と感謝を忘れずに、家族としての幸せを追求することです。皆さまの祝福とご支援に支えられながら、素晴らしい未来を切り開いていきます。

    共有したい未来像の伝え方

    共有したい未来像を伝えるには、具体的なビジョンを描き、それをストーリーテリングの形で伝えることが効果的です。たとえば、子育てにおける具体的な夢や、一緒に旅行に行きたい場所などを話すことで、ゲストと未来の夢を共有できます。

    [hukidashi_right content=“未来の夢を具体的に伝えることで、ゲストと一緒に未来を想像できますよ。”]

    締めくくりの言葉としての「結びの挨拶」

    結婚式の挨拶の最後には、「結びの挨拶」を行います。これは挨拶の締めくくりとなる言葉で、全体の感想や感謝の気持ちを再度強調し、ゲストに向けたメッセージを明確にするためのものです。

    結びの挨拶のポイントと例文

    結びの挨拶では、挨拶全体を締めくくる重要な言葉を選びます。具体的な例としては、「この場を借りて、再び皆様への深い感謝の気持ちを伝えたいと思います。これからも二人で力を合わせ、皆様に恩返しできるような家庭を築いて参ります。本日は、誠にありがとうございました」というような言葉が考えられます。しかしオープニングムービーの終わりというのは、その後に続いていく披露宴の開始を意味するので、終止感があまり強くなりすぎないようにするのもポイントです。

    1. 皆さま、結婚披露宴の始まりを宣言いたします。新郎新婦の入場にお立ち会いください。
    2. お集まりの皆さま、本日は素晴らしい日です。新郎新婦の入場をお知らせいたします。
    3. いよいよ結婚披露宴の始まりです。新郎新婦の華やかな入場をお楽しみください。
    4. 皆さま、お待たせしました。新郎新婦の入場をお知らせいたします。喜びと感動に満ちたひとときを共有しましょう。
    5. この素晴らしい日の始まりを宣言いたします。新郎新婦の入場にご注目ください。
    6. 皆さま、お待ちかねの瞬間がやってまいりました。新郎新婦の入場をご案内いたします。
    7. 結婚披露宴のカーテンが上がります。新郎新婦の輝く姿がお披露目されますので、どうぞお楽しみに。
    8. お集まりの皆さま、お待たせいたしました。ここからが本番です。新郎新婦の入場をご案内いたします。
    9. いよいよ結婚披露宴がスタートです。皆さまの大きな拍手で、新郎新婦をお迎えください。
    10. お集まりの皆さま、この瞬間を心待ちにしていただきありがとうございます。新郎新婦の入場をお知らせいたします。

    結婚式のオープニングムービーでの結びの言葉の選び方

    オープニングムービーでの結びの言葉を選ぶ際は、全体の流れを大切にしながら、新郎新婦の感謝の気持ちと未来への意志を強く表現する言葉を選びましょう。ここでの言葉一つで、ゲストに与える印象が大きく変わります。

    [hukidashi_right content=“オープニングムービーでの結びの言葉は終止感が強くなりすぎないようにして、入場や披露宴の開始を宣言するようなコメントがベターです。”]

    挨拶中に避けるべき言葉や忌み言葉について

    結婚式の挨拶で使う言葉は、自分たちの気持ちを直接的に伝える重要な手段です。そのため、使うべき言葉と避けるべき言葉、特に忌み言葉について知っておくことは重要です。

    忌み言葉とは何か?

    忌み言葉とは、特定の場や文化の中で不適切とされる、または不吉とされる言葉のことを指します。結婚式では、別れや死、災いなどを連想させる言葉は忌み言葉とされ、避けるべきです。

    1. 死(し): 結婚式では喜びや祝福の場であり、死に関連した言葉は避けられます。結婚は新たな始まりや希望を象徴するため、ポジティブな言葉に重点を置くことが望ましいです。
    2. 別れ(わかれ): 結婚式は新たな絆を築く場であり、別れに関連した言葉は避けられます。お互いの未来に対する希望と共に、結びつきや結束を祝福する言葉を使用します。
    3. 病気(びょうき): 結婚式は健康や幸福を願う場であり、病気に関連した言葉は不適切です。明るく、楽しい雰囲気を保つために、ポジティブな表現を選ぶことが好ましいです。
    4. 離婚(りこん): 結婚式では幸せな未来を祝福する場であり、離婚に関連した言葉は避けられます。夫婦の絆や結びつきを称え、お互いへの支えと幸福を願う言葉を使用します。
    5. 孤独(こどく): 結婚式は家族や友人とのつながりを祝福する場であり、孤独に関連した言葉は不適切です。むしろ、お互いへの支えや共に歩む未来を祝福する言葉を選びましょう。
    6. 災害(さいがい): 結婚式は幸せや祝福を願う場であり、災害に関連した言葉は避けられます。明るく、楽しい雰囲気を保つために、ポジティブなメッセージを伝えることが望ましいです。
    7. 無縁(むえん): 結婚式は結びつきや結びつけることを祝福する場であり、無縁に関連した言葉は避けられます。むしろ、お二人の結びつきやご縁の素晴らしさを讃える言葉を使用します。
    8. 不幸(ふこう): 結婚式は幸せを祝う場であり、不幸に関連した言葉は控えます。お二人の未来に幸せと喜びが満ちることを祈る言葉を選びましょう。
    9. 無縁境遇(むえんきょうぐう): 結婚式ではお二人の幸せを祝福する場であり、無縁境遇に関連した言葉は敬遠されます。むしろ、お二人のご縁や結びつきを称える言葉を使用します。
    10. 恋愛トラブル(れんあいトラブル): 結婚式は愛と幸せを祝福する場であり、恋愛トラブルに関連した言葉は避けます。明るく、楽しい雰囲気を保つために、お互いへの愛や尊敬を祝福する言葉を選びましょう。

    挨拶の中で避けるべき表現とその理由

    挨拶の中で避けるべき表現は、否定的な言葉や自己中心的な表現、さらには他人を侮辱するような言葉などです。これらの言葉はゲストを不快にさせ、祝福の雰囲気を損なう可能性があります。また、結婚式は祝福の場であり、新たなスタートを祝う場所なので、過去の失敗や不運などを強調するような言葉も避けるべきです。

    [hukidashi_right content=“挨拶はポジティブで尊重の念を忘れない言葉遣いを心掛けましょう。”]

    「オープニングムービー」に挨拶を組み込むための具体的なステップ

    オープニングムービーに挨拶を組み込むための具体的なステップを見てみましょう。これにより、感動的なオープニングムービーの完成へと導かれます。

    シーンごとの挨拶の配置とタイミング

    ムービー内で挨拶をする際には、それぞれのシーンと挨拶の内容が連動していることが大切です。例えば、映像が新郎新婦の成長過程を描いているシーンでは、自己紹介や思い出話を挟むと良いでしょう。また、ゲストへの感謝の気持ちを述べる際は、ゲストが映し出されるシーンや、新郎新婦がゲストと楽しそうに過ごしているシーンが適しています。

    ムービー全体のストーリーテリングと挨拶の関係性

    ムービー全体のストーリーテリングと挨拶の関係性を考慮することも重要です。挨拶はストーリーの一部となるため、自然な流れで挨拶を組み込むことが求められます。具体的には、挨拶の内容がシーンの内容と矛盾しないように気をつけ、シーンと挨拶が一体となるような構成にすることが大切です。

    [hukidashi_right content=“ストーリーテリングと挨拶の関係性を考慮することで、自然な流れのオープニングムービーが作れますよ。”]

    まとめ:心に残る「オープニングムービー」の挨拶作り

    心に残るオープニングムービーの挨拶作りは、新郎新婦の思いや感謝の気持ちをゲストに伝え、一緒に喜びを分かち合うための大切なステップです。適切な挨拶は結婚式全体の雰囲気を高め、ゲストがその日をより一層特別なものに感じることを助けます。

    心を込めた挨拶作りの重要性

    心を込めて挨拶を作ることは、新郎新婦の思いを素直に伝えるために必要不可欠です。挨拶はただ形式的に言葉を述べるのではなく、自分たちの感謝や抱負、夢をゲストに伝える一方で、ゲストからの祝福や支えを感じ取るための手段でもあります。

    結婚式の一日を特別なものにする「オープニングムービー」の挨拶

    結婚式のオープニングムービーでの挨拶は、その一日を始める特別な瞬間を彩ります。これは新郎新婦とゲストが共有する貴重な時間であり、新郎新婦のこれまでの人生とこれからの人生への期待を共有する場でもあります。適切な挨拶を選び、心を込めて言葉を伝えることで、一日を素晴らしいものにすることができます。

    [hukidashi_right content=“挨拶一つで結婚式の雰囲気は大きく変わります。心を込めて、自分たちの思いを伝えましょう。”]

    まとめ

    結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の大切な思いを伝えるための重要なツールです。結婚式の一日をさらに特別で思い出深いものにするためにも、新郎新婦自身の言葉で心からのメッセージをゲストに伝えてみてはいかがでしょうか。あなたらしいオープニングムービーで、ゲストと一緒に素敵な一日を過ごしましょう。

    Q&A

    Qオープニングムービーの挨拶は何を伝えるべきですか?

    A1. オープニングムービーの挨拶では、まずゲストへの感謝の気持ちを伝えるのが一般的です。また、新郎新婦の二人のこれまでの道のりや将来への抱負、ゲストへのメッセージなどを盛り込むと良いでしょう。

    Q挨拶の作成でつまづいた場合はどうすればよいですか?

    A2. 挨拶の作成でつまづいた場合は、先輩カップルの作品を実際に見てみるのがおすすめです。似たようなコメントを言い回しを変えて自分たちなりに活用することもできます。

    Qオープニングムービーの挨拶以外に注意するべき点は何ですか?

    A3. オープニングムービーは挨拶だけでなく、映像や音楽、タイミングなども大切です。全体のバランスを考えながら、自分たちらしいムービー作りを心掛けてみてください。

    オープニングムービーでは挨拶の文章選びも大切

    結婚式のオープニングムービーではゲストに対する様々な形式の挨拶文を表示します。挨拶文の形式や内容は、新郎新婦様がどのような結婚式とオープニングムービーにしたいとお考えなのかで様々に変わってくるポイントなので、一概にどの挨拶が最適であるとは言い切れません。しかし面白い雰囲気のオープニングムービーでも、楽しくて元気な雰囲気づくりを目指すオープニングムービーでも、ゲストへの感謝や挨拶の文章を完全に省くことは出来ません。遠くから時間を割いて、さらにはご祝儀を携えてわざわざ結婚式に参列してくださっているゲストの事を考えると自然と挨拶の言葉も浮かんできます。是非どのにょうなタイプのオープニングムービーであっても挨拶文は必ず表示してゲストへの感謝や労いの気持ちを伝えることが出来るように工夫しましょう。結婚式のオープニングムービーの構成部分では新郎新婦の生い立ちやプロフィールを簡単に紹介したり、ゲストの紹介なども盛り込んでいく事が出来ます。情報量はとても多い動画となりますが、オープニングムービーの全体の構成時間が1分半から2分程度と短いため挨拶の言葉を盛り込める時間数も限られてしまうかもしれません。しかし挨拶の言葉はオープニングムービーを締めるためにもとても有効なコメントの使い方なので、是非とも挨拶文を工夫しながら挿入していくようにしましょう。挨拶文もしっかりと挿入して、楽しくありつつも丁寧で礼儀のあるオープニングムービーが作れるといいですね。素晴らしい結婚式となりますように・・・。